留学生も借金することが出来る!

日本には多くの留学生が学びにやってきています。日本全体の留学生の総数で言えば30万人近い人数になっていますからね。

 

この留学生たちもお金に余裕がある方だけでなく、余裕はなくある程度ギリギリで留学してきている学生が多いのです。

 

なので、日本に来ている外国人留学生の中にも、金融機関からカードローンで借金をしたいという人は多いです。

 

この際疑問になってくるのが、外国人留学生でも日本の金融機関からお金を借りることが出来るのか?という事ですが、ズバリ一定条件を満たすことにより外国人留学生でも金融機関からお金を借りることが出来ます。

 

外国人がプラスで必要な申し込み条件

各金融機関とも基本的に外国人が申し込みする条件は同じで、日本人が申し込みするのとの違いの条件は以下のようになります。

  • 「在留カード」または「特別永住者証明書」を提出する
  • 日本語能力があり読み書きやコミュニケーションが取れる

 

まず外国人場申し込みする際には「在留カード」か「特別永住者証明書」を本人閣員書類とともに提出しないといけません。

 

特別永住者証明書は所謂永住ピザのことですので、留学生の場合だと「在留カード」が一般的ですね。

 

在留カードは中長期在留者(3か月を超える在留者)となった方に対して交付される許可証の事です。

 

この在留カードを提出できない留学生の方は申し込みすることが出来ません。

 

あと日本語能力ですが、申し込みの際には日本語で書かれていますし、契約時も日本語で書かれた書類になります。

 

なので日本語の読み書きが出来なければ申し込みすることが出来ませんし、何かしら用事があって金融機関から電話がかかってきたときにコミュニケーションが取れないと話が進みません。

 

なので、日本語能力があり読み書きやコミュニケーションが取れるという事も必要になってきます。

 

在留カードの残り期限が短い場合は審査に通らない可能性が高い

留学生が金融機関から借金をするには「在留カード」が必要という事は上記で説明しましたが、在留カードの残り期限が短い場合は審査に通らない可能性が高いので注意しましょう。

 

外国人でなくても必要な申し込み条件

以上のような外国人ならではの申し込み条件がありますし、以下の外国人でなくても必要な申し込み条件もあります。

 

日本人だとしても申し込みの際に必要な条件ですね。

  • 20歳以上
  • 安定した収入がある

 

金融機関なので未成年の18歳19歳の場合は留学生も同じく利用することが出来ません。また、日本でアルバイトなどをしていないという留学生も利用することが出来ません。

 

日本人の場合、未成年でも学生ローンのカレッヂならばアルバイトをしていることにより借入できるのですが、カレッヂは外国籍の方は融資を受けることが出来ません。

 

なので、未成年の留学生は借入はどうやってもできないという事になります。

 

また、留学生がアルバイトをするためには「資格外活動許可」を地方入国管理局で取って、アルバイトをしないといけません。

 

また、1週間の労働時間にも制限があります。

 

このようなルールを守ったうえで働いているという事が大事になります。

 

留学生におすすめの消費者金融

プロミス

プロミス

まず留学生の方に圧倒的におすすめしたいのがプロミスです。
プロミスは24時間いつでも申し込みすることができますし、ネット申し込みだと最短で1時間で振込が可能となっています。
土日祝日であったり銀行営業時間外でも基本的に24時間いつでも振込キャッシングを受けることが出来ますよ。

 

アコム

アコム

アコムも留学生には人気の高い消費者金融です。知名度はかなり高い消費者金融ですね。
アコムには30日間金利0円サービスがあります。契約日の翌日から30日間金利が必要ないのです。どんな低金利よりも低金利ですね。
この30日間金利0円サービスは、初めてアコムを契約される方が対象となっています。

 

※ランキングは当サイトからの申し込みが多い順です

TOPへ