学生自身が学費を支払わないといけなくなった場合

学費を学生自身が支払わないといけない状況になるという事もあります。

 

最初から自分で支払うという事になっている家庭もあるかもしれませんし、急に親の経済状況が悪くなって親自身が支払うことが出来なくなるという事もあります。

 

この学費ですが学費は大きく分けて「入学料」と「授業料」があります。その他にも教科書代などの諸経費も必要ですけど、とりあえず今回は2つに分けておきます。

 

学費

 

入学金

まず入学金ですが、大学により違いますが平均して40万円前後の金額を入学前に支払わないといけないものです。

 

これは学生自身となると高校生である未成年の時という事になりますので、自分自身でどこかから借りるというのは不可能です。

 

アルバイトを高校時代にかなり頑張って貯めて支払うしかないですね。

 

授業料

授業料も大学により違いますが、1年間で50万円〜60万円ほどの金額を、前期と後期に分けて支払わないといけません。

 

この授業料が支払えずにどうしよう?と悩んでいる学生の方が多いでしょうね。

 

授業料が払えない場合に借金して支払うというよりも、まずは「分納」と「延納」を検討するようにしましょう。

 

分納は学校によって一概がありますが、学費は一般的に前期と後期の2回に分けて支払うのですが、もう少し分けて3回〜6回に分けて支払うことが出来るようにしている制度です。

 

あと延納は経済的理由などにより、学費を期限までに納めることが困難と認められた時に、期限を延長することが出来るという制度です。

 

こういった分納や延納を利用することによって、アルバイトを短期的に増やすなどして支払うようにするのが1番良いでしょう。

 

分納や延納制度を活用しても、とりあえず借金をしないと無理という場合は以下に進んでいってください。

 

学生自身が学費を借金するならどこ?

学生自身が学費を借りようとする場合、ある程度急いでいるという状況であるという事が予想されます。数か月先の学費とかだとアルバイトをして貯めたりということが出来ますからね。

 

で、学生自身が今すぐ学費を借金するとなると、借り先として以下の2つしか実質問題としてないでしょう。

  • 消費者金融
  • 学生ローン

 

何故消費者金融と学生ローンだけなのか?という事ですが、あと思い浮かぶ借り先として「教育ローン」と「奨学金」があります。

 

これらがなぜ利用できないのか?という事をまず解説しますね。

 

教育ローン

教育ローンは教育資金として借りることが出来るもので、銀行などが発売していて低金利で利用できるのが特徴です。

 

また、在学期間中は利息のみの支払いでOKで、卒業後に元金の返済を始めるという事も可能となっている教育ローンもあります。

 

ただ、この教育ローンは親権者である親が利用するものなのです。

 

親が子供の教育費用として借りることが出来るのが教育ローンで、学生自身が借りることはできないのです。

 

例外として社会人学生で、そのまま勤めながら学校に通う場合は利用できます。まあ、ほとんどの方が当てはまらないでしょう。

 

ですので、教育ローンは学生自身が借金できるものではないという事になります。

 

奨学金

奨学金は多くの方が利用する第二種という利息付のものですと、毎月2万円から12万円までの間で借りるもので、卒業後に返済していくようになります。

 

この奨学金は基本的に大学に入学する前に申し込みしておくものですが、「在学採用」と言って進学後に申し込みする方法もあります。

 

ただ、申し込み時期も決まっていて原則毎年春に行うようになります。募集時期は学校によって異なります。

 

ただ、必ず借りれるというものでもないですし、すぐに借りれるというものでもありません。

 

また、募集時期なども決まっているため、今学費を支払わないという場合には適さないでしょう。

 

ただ、学費の分納や延納制度を利用して大丈夫だった場合や、定期的に学費を借りないといけなくなるという予定の方は、この奨学金の在学採用に申し込みするようにしておくといいですよ。

 

※日本学生支援機構:在学採用の詳細ページ

 

消費者金融・学生ローン

消費者金融うは20歳以上でアルバイトをしていれば学生でも利用することが出来ます。学生ローンも基本的に同じなのですが、一部の学生ローンでは18歳19歳の未成年の学生でもアルバイトをしていれば利用できるようになっています。

 

また、どちらも融資までのスピードは速く最短即日で利用できるようになっているのです。

 

なので、実際問題として学生自身がなるべく早く学費を借金するのならば、消費者金融か学生ローンという事になるのです。

 

このどちらが良いか?という事ですが、正直消費者金融の方が圧倒的に利便性に優れています。来店することなく借金することが出来るようになっていますからね。

 

なので、20歳以上でアルバイトをしている人は消費者金融から学費を借りて、未成年の学生の方は学生ローンで学費を借りるようにして下さい。

 

以下におすすめの消費者金融を紹介しておきます。未成年の方の場合、今未成年でも借りれる学生ローンは「カレッヂ」か「フレンド田」になりますのでこちらのページを確認してください。

 

おすすめの消費者金融

プロミス

プロミス

まず学生の方に圧倒的におすすめしたいのがプロミスです。
希望借入額が50万円以下の方は、原則収入証明書不要なので本人確認書類のみで申し込みすることができます。
学生の場合はアルバイト収入なので50万円以上借りれる可能性は少ないと思いますので、借入希望額の欄は50万円以内を指定しておくといいでしょう。
24時間いつでも申し込みすることができますし、ネット申し込みだと最短で1時間で振込が可能となっています。
土日祝日であったり銀行営業時間外でも自動契約機にネット申し込み後に行けば、その場でカード発行してもらえてすぐに借り入れすることができますよ。

 

 

女性の方は女性専用のプロミスレディースキャッシングも用意されています。何が違うかというと対応オペレーターが女性ということになります。

 

アコム

アコム

アコムも学生の方にはかなり人気の高い消費者金融です。知名度はかなり高い消費者金融ですね。
アコムには30日間金利0円サービスがあります。契約日の翌日から30日間金利が必要ないのです。どんな低金利よりも低金利ですね。
この30日間金利0円サービスは、初めてアコムを契約される方が対象となっています。
あと、アコムも対応がかなりスピーディで最短30分で審査回答してくれますし、即日振込お可能となっています。
こちらも土日祝日でも自動契約機を利用すればその日のうちに借り入れ可能です。夜は10時まで開いていますよ。
利息は日数計算式という利用日数分だけなので、無駄がなく借入することができます。

 

※ランキングは当サイトからの申し込みが多い順です

 

休学を検討した方が良い場合もある

生活をしていたら色々なことがあ怒りますので、学費を借金して支払わないといけなくなるという事もあるでしょう。

 

そういった場合は上記のような消費者金融で借金することになりますが、繰り返し利用しないように注意してください。

 

消費者金融などのカードローンは、利用目的は自由で審査によって決められた限度額内ならば繰り返し利用できます。

 

ですので、今回学費の支払いにも充てることが出来ますし、その他の教科書代などの支払いにも充てることが出来ます。

 

で、繰り返し利用していると毎回学費を借金で支払うようになってしまい、いつかは限度額いっぱいになってしまいこれ以上借金できない状態になってしまうこともあります。

 

こうなってしまうと、もう学生本人が学費を支払うのは難しい状況になってしまい、学費を払えずに大学を辞めてしまわないといけなくなる可能性もあります。

 

なので、自分の家庭環境などを考えて、これからずっと学費などを借金しないといけない状態になりそうならば、思い切って「休学する」というのも選択肢に入れておいたほうが良いでしょう。

 

休学して取りあえず1年間バイトに明け暮れてお金をある程度貯めることによって、そこから学費を支払ったりアルバイトして生活していくことが出来るようになります。無理して借金を繰り返していくよりも、一度休学するという選択肢も検討しましょう。

 

TOPへ