学生でも10万円・20万円・30万円を借りれる可能はある!

学生はアルバイト収入しかありませんので、そもそもそんなに高額な借入は出来ません。100万円とかはとてもじゃないけど借りれませんね。

 

では、10万円・20万円・30万円という借金はできるのか?という事ですが、これくらいの金額ならばできる可能性はあります。

 

ただ、審査にもよりますので必ずという訳ではないですけどね。

 

あと、総量規制というものがありますので、学生の方がアルバイトでどれくらい稼いでいるのか?という事によって借りれるかどうかというのも決まってきます。

 

総量規制とは?

過度な借り入れから消費者を守るために、年収などを基準にその3分の1を超える買い付けが原則禁止されているというものです。

 

ただ、貸金業者は借り手の収入や借入状況をもとに審査をして返済能力の有無を判断しています。

 

なので、年収の3分の1以内であれば必ず借りれるというものではありません。

 

※参照:日本貸金業協会 貸金業法について

 

この総量規制の年収の3分の1というのは最大限で借りれる金額ですが、ある程度の目安にはなります。

 

そもそも年収の3分の1を超える金額というのは借入することが出来ませんので、自分はこの金額は借りれないという事は予想することが出来ますからね。

 

では、各借金の額毎にどれだけの収入が必要かという事を紹介しておきますね。

 

10万円の借金

10万円の借金というのは学生にとって一番妥当な融資額です。ほとんどの場合で10万円程度のことが多いですからね。

 

で、10万円の借金をするために必要な収入ですが、年収の3分の1という事になるので年収で30万円という事になります。

 

この30万円を12か月で割ると25,000円になりますので、月に平均して25,000円以上のアルバイト収入を得ているという事が必須となります。

 

必要年収 月平均月収
30万円 2万5千円

 

これくらいの金額だと学生でもアルバイト収入を得ているという人は多いですよね。

 

20万円の借金

20万円も学生の中では借りれる人も出てくるでしょう。ただ、総量規制はギリギリの限度額ですので、そんなに多くはないでしょうけどね。

 

20万円の借金をするために必要な収入ですが、年収で60万円という事になり、12で割ると50,000円という事になり、月に平均して50,000円以上のアルバイト収入を得ているという事が必須となります。

 

必要年収 月平均月収
60万円 5万円

 

30万円の借金

30万円を学生が借入できるとなるとごく一部の学生に限られるでしょうね。結構アルバイトに入っている学生ですね。

 

20万円を借金するために必要な収入となると、年収で90万円という事になり、12で割ると75,000円という事になり、月に平均して75,000円以上のアルバイト収入を得ている事が必須になります。

 

必要年収 月平均月収
90万円 7万5千円

 

消費者金融と学生ローンの最高融資額

消費者金融や学生ローンは最大で借入できる金額も書かれています。

 

消費者金融の場合学生だけでなくサラリーマンも利用できるので、最高融資額はかなり高く設定されていますので学生の場合あまり参考にはならないですね。

 

学生ローンの場合は学生だけを対象としているので、最高でも50万円に設定されているところが多いです。中には30万円というところもありますが、これくらいが妥当な金額ではあるでしょう。

 

とりあえず、各消費者金融と学生ローンの最高融資額を紹介しておきますね。

 

各消費者金融最高融資額
プロミス 500万円
アコム 800万円
レイクALSA 500万円
SMBCモビット 800万円
アイフル 800万円

 

各学生ローン最高融資額
カレッヂ 50万円
マルイ 50万円
フレンド田 50万円
学協 40万円
ヤングローンキャンパス 50万円
イー・キャンパス 50万円
友林堂 30万円
トーエイ 50万円

 

融資枠が大きかった方も使い過ぎは注意

アルバイトを結構入っていて年収もそれなりに高いという学生の方で、融資枠が30万円を得ることが出来たという場合でも使い過ぎには注意しましょう。

 

30万円の融資枠が設定されたという方は、総量規制では月に7万5千円ですが、総量規制いっぱいの金額が最初から設定されることは少ないので、たぶん月に10万円以上のアルバイト収入を得ている方だと思います。

 

これだけのアルバイト収入をずっと得ることが出来れば、30万円の融資枠を使い切っても返済はし続けれる可能性は高いでしょう。

 

ただ、あくまで学生ですのでその時の状況によってアルバイトできる時間は違ってきます。就職活動などが始まってしまったり、資格取得の為にダブルスクールに通うことになってしまったらアルバイトの時間を削るほかないです。

 

こうなってしまうと、たちまち返済が大変になってしまう可能性があるのです。

 

ですので、今時点でアルバイトをたくさん入っていて収入が多い方でも、学生として利用するのならば10万円ぐらいを目安にしておいたほうが良いでしょう。10万円の返済ならば状況が変わったとしてもどうにか返済していけるはずですので。

TOPへ